それぞれの過程の有するいきさつと、異端児を排除しようと始めるトレンド

「A・Iさんはどうして思います?K・Yのコト」
「いいんじゃない?ああいう者の単独や2お客ぐらい、居ても」
 僕は背中越しにS・Kに答えした。
「お前は昔から怒りが広すぎるぞ、A・I。ああいう奴は絶対に学校とかでもハブられるんだよ」
 N・Tの言うことにも一理あるが、K・Yの場合は家庭にも問題があるような気がした。父兄に意見することも許されずにただ押し潰されて生きてきたに差異ない。僕はK・Yとのファースト顔合わせでは凄い当人むりとヤキモキに苛まれておるような印象を受けた。それも、あくまで第一匂いに過ぎなかったが。
「意外と、お前は精々K・Yと仲良くやってくれ。俺はあそこまで根暗な者は無理だ」
「そんなにっスね。酷い奴じゃないのはうなづけるんスけど、俺もアイツは反感良いっす」
 中間線のTOPへ伺う案内経路を歩いている途中、僕はいったん足を止めて着実に先を行くM・Tをよそに、N・TとS・Kのやつに向き直った。
「何だよ。急に立ち寄りやがって」
 N・Tが身構えた。
「道場は学校とは違うみたいだし、嫌いならきらい、下手なら下手でいいとは思うけど、よそ者みたいなことだけは止めるべきだと僕は想う」
 N・TとS・Kは両人顔を見合わせて私の発言に唖然としていた。http://www.authoright.co/